スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松前藩と榎本軍の激戦地 - 稲倉石古戦場と碧血碑

 慶応3年(1867)大政奉還により徳川幕府の交戦派と薩摩長州を中心とした倒幕派との間で戊辰戦争が勃発する。当初、松前藩は佐幕派であったが、慶応4年(1868)7月に下国東七郎ら尊皇派が正議隊を結成してクーデターを起こし、一転倒幕派へと変わる事となる。

 クーデター後、東七郎により濁川、糠野川などに囲まれた丘陵部に館の築が計画される。新政府の箱館府に許可を得、明治元年(1868)9月に着工し、翌月の10月25日頃には簡素ながらも館として完成している。東北情勢が不安定な中での築であったため、空堀、板柵などの防備しか持たずにとして未完成ともいえる内容であった中で、榎本軍の上陸となる。

 鶉川上流部である稲倉石は断崖絶壁に囲まれた山道となっており、館の防御の為の前衛として要所であった。松前藩はここに木柵や砲座などを用意し関所として整備を実施する。そして、明治元年(1868)11月15日早朝には松岡四郎次郎率いる一連隊200人余りと稲倉石の守備兵100人あまりの間で戦闘が開始される事となる。当初は一進一退の攻防を繰り広げたが、松前藩の大砲の弾薬が切れるのを契機に劣勢となり、一連隊による正面と左右の山間部に分かれる、多方面攻撃に堪えられなくなった松前藩兵は館城へ後退する事となる。松前藩と榎本軍の間で行われた戦闘で一番の激戦はこれにより幕を閉じる事となった。

 大正8年8月、蠣崎知次郎らの有志によりこの地に碧血碑が建立され、戦没者を弔いとした。その後、鶉ダムの建設により水没地域になる為、昭和51年に碧血碑を現在の地に移設し現在に至る。国道227号のパーキングエリア内に設置されており、ダム湖を見下ろす景観地になっている。  





説明看板
ダム方面

所在地 厚沢部町稲倉石(国道227号沿いパーキング内)
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 -
駐車場 有り


●Googleマップ

より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示
関連記事
スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/03/04 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。