スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

坂本直寛(龍馬の甥)・弥太郎の墓

 坂本直寛は龍馬の甥にあたる。本家5代目当主である。自由民権運動に身を投じ、立志社時代には憲法起草委員として「日本憲法見込案」の起草。高知県議員に当選し政治に深く関わっていた。同時に敬虔なクリスチャンでもあり、1885年に高知基督教会が設立された後、同教会にて洗礼を受けキリスト教徒となっている。
 1896年、片岡健吉らの勧めやロシアの南下の憂いもあり北海道開拓に乗り出す事になる。キリスト教系移民団である「北光社」を高知にて設立し、一族合わせて600名にて北見訓子府へ移民を実施する。
 その後、浦臼にて武市安哉が開いた聖園農場へ移住し、明治37年には旭川日本基督教会にて按手礼を受ける。その後は牧師として十勝監獄や旭川師団など囚人や軍人に対する伝道に尽力している。明治42年には札幌へ転居し、札幌北一条協会の牧師となり。明治44年、胃ガンで没している。
 坂本直寛は札幌の円山の麓にある円山地に葬られている。坂本直寛の石の並びには長女・直意(なおひろ)の婿養子である坂本弥太郎のもある。弥太郎は材木業を営むなど商才も豊かで、札幌にて議員を務めるなど政治への参加も行っていた。直寛と同じく敬虔なキリスト教徒でもある。


Highslide JS
坂本直寛の(郷士坂本家5代目当主)
Highslide JS
坂本直寛の石裏側
Highslide JS
Highslide JS
坂本一族の全景
Highslide JS
坂本弥太郎の墓(郷士坂本家6代目当主)
Highslide JS
坂本弥太郎の墓(郷士坂本家6代目当主)
Highslide JS

所在地 札幌市中央区南4条西28丁目
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 地下鉄東西線円山公園駅から徒歩10分
駐車場 無し
利用料金 無料


●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。