スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シオワッカ

 足寄市街から螺湾を抜け、道道664号線をオンネトー方面へ向かうとシオワッカ公園があり、公園内に整備された遊歩道を進むと現れるのがシオワッカです。シオワッカはアイヌ語の「シモチク・ワッカ」(飲料不適な毒水)からとった命名と言われ,多量の炭酸ガスと石灰質鉱物を含む鉱泉が約200年の年月をかけて石灰華半ドームが作りました。  

 シオワッカでは多くの鉱物が生成されてます。春先にはファテライト、夏にはモノハイドロカルサイト(CaCO3・H2O)、冬にはイカアイト(CaCO3・6H2O)といったように、季節によって生成される初生鉱物が異なります(平成14年、北海道教育大学釧路校伊藤俊彦教授によってイカアイトの生成が発見される。イカアイトは通常深海にて生成されるものであり、陸上で生成されるものはカリフォルニアのモノ湖に次いで世界で2例目で、モノハイドロカルサイトとイカアイトの両方が生成されているのは世界でシオワッカのみ)。 上記のように世界的にも貴重な場所となってます。

所在地 足寄郡足寄町上螺湾394番地
電話番号

-

休み

-

時間

-

交通

足寄市街地より車で30分ほど

駐車場

駐車場あり(無料)



●Googleマップより大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2009/08/03 13:08 ] 十勝支庁 足寄町 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。