スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

江別飛行場跡

 現在、閑静な住宅街となっている江別市元江別地区に飛行場があった。
太平洋戦争真っ只中の昭和18年、ジュラルミン等の軍需物資の不足を懸念した陸軍は代替材料による戦闘機の生産案が計画される。これにより昭和18年9月、王子製紙に対して木製航空機の製造を命じる事になる。本命令を受け、王子製紙は中島飛行機へ技術者を実習へ出し、昭和19年5月23日に王子航空機株式会社を設立、四式戦闘機「疾風」の木製版であるキ-106の製造に入る。6月15日には軍の管轄工場に指定され、中島飛行機より指導員の派遣等が始まり本格的な生産が始まる事となる。
 王子航空機株式会社の設立と同時にキ-106の試験飛行の為、元江別の丘陵先端部に飛行場の造成が開始された。飛行場の建設は進み昭和20年4月には2000mの滑走路と工場と飛行場の間を4kmに渡って繋げる誘導路が完成した。
 キ-106は中島飛行機・国鉄苗穂工機部・北海道工業試験場の技術協力の元、終戦までに江別工場にて3機完成し、本飛行場より飛び立った(2機は空輸による納品、1機は終戦時に飛び去ったとされている)。  滑走路については宅地化により現存していないが、誘導路については市道として当時と現存している部分もある。キ-106については、合板やキャノピー・車輪や戦後に発見された生産計画書や図面などが江別市郷土資料館に展示されている。



スポンサーサイト

[タグ] 江別 史跡
[ 2010/05/14 08:00 ] 石狩支庁 江別市 | TB(0) | CM(0)

江別屯田第三大隊火薬庫跡

 江別屯田兵の始まりは明治11年8月に岩手県より10戸が入植する事に始まる。入植当初は琴似屯田の第一大隊付属分隊となっており、明治20年に江別と篠津の屯田をあわせて第三大隊が編成されることになる。第三大隊は萩ヶ丘に大隊本部が置かれ本部及び付随施設や練兵場が整えられる。
 本火薬庫は、明治19年頃に建てられたと推測されている。明治24年2月に行われた第三大隊(江別・篠津)と第五大隊(滝川)の統合によって江別屯田の予備役編入に伴い大隊本部が滝川に移り、第三大隊本部は本部としての役割を終える。。大隊本部及び付随施設については別用途で使用されていたが昭和9年の火災で焼失。当時の建設物は本火薬庫のみとなっている。明治32年の江別尋常高等小学校の開校から戦後まで奉安殿として使用され、太平洋戦争後、校舎の改修工事の際に現存の位置へ移築され現在にいたる。


Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
裏側
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS

所在地 北海道江別市萩ヶ岡19
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 江別小学校横、江別駅より徒歩5分
駐車場 無し
利用料金 無料


●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

[ 2010/04/21 08:30 ] 石狩支庁 江別市 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。