スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

樺太引揚者による戦後開拓の足跡 - 中山分校跡

 1945年の太平洋戦争敗戦後、国内外で戦災にあった4万5365戸が北海道で開拓に従事する事となる。大野町(現北斗市)でも、国道227号線に面する中山地区に樺太からの引揚者38戸が入植する事となる。
入植した38戸には緊急開拓地として509haが割り振られた。当初は焼畑による開墾を目指したが、畑作は軌道に乗る事は無く、牧草地を広げ、酪農に活路を見出す事となる。
 開拓者の子弟の教育は学校のある都市部と遠距離であった為、冬期間の通学に大きな支障をきたしていた。子弟の教育の充実の為、昭和29年(1954)1月、中山地区の人々の手により大野町立市渡小学校中山分校が設立された。1年生から4年生までの複式学級となっており、最大事で児童が28名、在校する時期もあった。  酪農の不振から離農が増え、過疎地域となっていき、平成4年(1992)に入学する児童・在校生が0名になった為、38年3ヶ月の歴史を閉じる事になる。。

スポンサーサイト

[ 2011/10/07 22:01 ] 渡島支庁 北斗市 | TB(0) | CM(0)

志苔館跡

 函館空港の程近く、薄っすらと下北半島が見える丘に土塁が築かれています。これは国指定史跡の志苔館です。
 志苔館は南北朝の動乱の際、1400年代に上野国出身の小林重弘が津軽より渡り築いたのが始まりといわれています。その頃の北海道は和人が余市や鵡川に集落を形成し、道南地方には安藤氏を初めとする諸豪族が12の館を築いており、志苔館はその一つに数えられています。
1456年、志海苔の集落で鍛冶屋とアイヌの少年の間でマキリの製作について口論となり、鍛冶屋が少年を殺害。これを契機として、コシャマインが蜂起。小林良景が守る志苔館を攻撃。秋になり一度は蜂起が収まりましたが、翌57年のコシャマインの際蜂起によって、300名程度の守備であった志苔館は陥落し、小林良景は箱館(函館山麓にあった河野氏の館。ウスケシと呼ばれていたが、箱型だった為このように呼ばれていた)に避難しています。その後、コシャマインの蜂起は鎮圧され小林氏は志苔館に戻ったが、1512年のショヤ・コウシの蜂起により陥落、そのまま廃館となりました。
 志苔館は四方、2~4メートル、幅が10~15メートルの土塁で囲まれ、外堀があり、4100平方メートルの広さがあり、発掘調査により14世紀末から15世紀にかけての7棟分の建物跡や青磁器・白磁器などが発見されています。


Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS


所在地 北海道函館市志海苔町
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 -
駐車場 無し


--> ●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

[タグ] 函館市 史跡
[ 2009/09/04 08:11 ] 渡島支庁 函館市 | TB(0) | CM(0)

流山温泉の200系新幹線

 道南の観光名所である大沼を一周する道道338号線。風景を楽しみながら進んで行くと、北海道では見慣れない顔の車両が現れます。流山温泉駅のプラットホーム沿いに東北新幹線200系が3両体制にて静動展示されています。  北海道新幹線開通を願って保存展示されているこの車両。初めて津軽海峡を渡ってきた新幹線となります。  

Highslide JS
200系
Highslide JS
流山温泉
Highslide JS
流山温泉から見た駒ケ岳
所在地 北海道亀田郡七飯町東大沼294-1
電話番号 0138-67-1726
休み 無休
時間 通年 平日 10:00~20:00、土・日・祝 10:00~21:00
交通

JR北海道)函館本線

駐車場

駐車場あり

●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

[タグ未指定]
[ 2009/08/11 14:34 ] 渡島支庁 七飯町 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。