スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松前藩と榎本軍の激戦地 - 稲倉石古戦場と碧血碑

 慶応3年(1867)大政奉還により徳川幕府の交戦派と薩摩長州を中心とした倒幕派との間で戊辰戦争が勃発する。当初、松前藩は佐幕派であったが、慶応4年(1868)7月に下国東七郎ら尊皇派が正議隊を結成してクーデターを起こし、一転倒幕派へと変わる事となる。

 クーデター後、東七郎により濁川、糠野川などに囲まれた丘陵部に館の築が計画される。新政府の箱館府に許可を得、明治元年(1868)9月に着工し、翌月の10月25日頃には簡素ながらも館として完成している。東北情勢が不安定な中での築であったため、空堀、板柵などの防備しか持たずにとして未完成ともいえる内容であった中で、榎本軍の上陸となる。

 鶉川上流部である稲倉石は断崖絶壁に囲まれた山道となっており、館の防御の為の前衛として要所であった。松前藩はここに木柵や砲座などを用意し関所として整備を実施する。そして、明治元年(1868)11月15日早朝には松岡四郎次郎率いる一連隊200人余りと稲倉石の守備兵100人あまりの間で戦闘が開始される事となる。当初は一進一退の攻防を繰り広げたが、松前藩の大砲の弾薬が切れるのを契機に劣勢となり、一連隊による正面と左右の山間部に分かれる、多方面攻撃に堪えられなくなった松前藩兵は館城へ後退する事となる。松前藩と榎本軍の間で行われた戦闘で一番の激戦はこれにより幕を閉じる事となった。

 大正8年8月、蠣崎知次郎らの有志によりこの地に碧血碑が建立され、戦没者を弔いとした。その後、鶉ダムの建設により水没地域になる為、昭和51年に碧血碑を現在の地に移設し現在に至る。国道227号のパーキングエリア内に設置されており、ダム湖を見下ろす景観地になっている。  



スポンサーサイト

北海道石炭採掘創始の碑

1854年3月31日(嘉永7年3月3日)、江戸幕府とアメリカとの間に日米和親条約が締結され、アメリカ船の物資補給のために下田と函館が開港される事となる。これにより蝦夷地にて石炭の採掘が必要となる。
1857年(安政4年)5月にシリエトと呼ばれていた岬にて採掘が開始される事となる。2箇所の坑口より人力にて採掘が行われたが、産出炭の品質低下などにより7年で閉山する事となる。
シリエトと呼ばれていた岬も石炭岬と名前を変え現在に至っています。北海道の石炭鉱業の始まりを記した石碑は国道38号線からJRを超えた丘の上に設置されています。国道から辛うじて確認ができる程度となっている。




[ 2010/12/24 08:40 ] 釧路支庁 白糠町 | TB(0) | CM(0)

津軽藩士殉難慰霊の碑

 ロシアの南下を懸念した幕府は文化4年3月に西蝦夷地を直轄領とする。文化3年(1806年)9月、ロシアのフヴォストフ率いるフリゲート艦によるクシュンコタン襲撃、翌4年3月に同じくエトロフのシャナが襲撃される事件が発生した。これを重大視した幕府は南部・津軽藩を含む東北諸藩から4000人規模を動員し、エトロフ・カラフトを重点とする警備体制を引くこととなる。  すでにサハラ・エトロフに勤番所を設けていた津軽藩にも増員が掛けられる。始めに宗谷に派遣され、その内100名が急遽、斜里へ派遣される事となった。7~8月頃斜里に到着し、番屋を設け警備に当たったが、準備不足と11月中旬から寒さと栄養不足により病人が続出、72名の藩士が死亡してしまいました。  72名の藩士の慰霊の為、昭和48年に「津軽藩士殉難慰霊碑」が建立されました。毎年7月下旬に慰霊祭が行われています。


Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS

所在地 北海道斜里郡斜里町本町49-2td>
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 JR知床斜里駅から徒歩15分
駐車場 有り
利用料金 -


●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

イトムカ鉱山発祥の地

 「東洋一の水銀鉱山」と呼ばれる事となる、イトムカ鉱山の始まりは、昭和11年の大暴風雨から始まる。イトムカ鉱山がある留辺蕊町周辺は豊かな森林に囲まれている。それを開発する為、大正10年に森林鉄道が引かれる事となる。温根湯森林鉄道の延長により当地の豊富な森林資源が開発が進められていく。  昭和11年、前述の大暴風雨により武華山脈にて五十万石に及ぶ被害木が発生する。これをパルプ用材として搬出する為の道路を敷設する工事中に巨大な辰砂鉱が発見された。この発見後の昭和14年、野村徳七の出資により大和鉱業株式会社が設立され、本格的な採掘が開始される事になる。翌15年12月に社名を野村鉱業株式会社と変更され、太平洋戦争勃発による水銀需要の増加もあり、最盛期年間200トンの水銀が生産される。  本鉱山名は無加川支流のイトムカ川にある。アイヌ語で「光輝く水」から来ており、最盛期には人口5000人を超える大規模な鉱山町を形成されるほどの賑わいであった。道路の敷設もされていない地域であった為、資材・人員は温根湯森林鉄道が用いられていた。  戦後、水銀価格の暴落等もあり鉱山は閉山したが、水銀廃棄物の処理を専門に行う事業へと転換し、国内随一の処理企業として操業しています。


Highslide JS
石碑
Highslide JS
説明看板
Highslide JS
現在のイトムカ鉱業所入り口ゲート

所在地 北海道北見市留辺蘂町富士見217番地1
電話番号 0157-45-2911
休み -
時間 -
交通 車で留辺蕊町内より国道39号を旭川方面へ向かい40分程
駐車場 無し
利用料金 -


●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

[タグ] 北見市 石碑 鉱山
[ 2010/04/13 00:31 ] 網走支庁 北見市 | TB(0) | CM(0)

インディギルカ号遭難者慰霊碑

 道の駅さるふつ向かい側にモニュメントが建っています。これは1939年12月12日に起ったインディギルカ号の遭難者の冥福を祈る慰霊碑です。
 1939年12月12日、シベリアのマガタンからウラジオストックへの航路途中に、暴風雨に巻き込まれ宗谷支庁猿払村浜鬼志別沖で座礁、これを知った地元の青年団など500人体制での救助活動を実施したが、生存者429名、犠牲者700名以上、犠牲者の中で漂着した遺体が400余と未曾有の海難事故となりました。
 生存した船長の証言で、乗船者は乗組員が39人、漁期を終えて帰郷する水産加工場の労働者とその家族ら約1100人であり、カムチャッカからウラジオストックを目指す為に宗谷海峡を抜ける予定であったが、視界不良の為、宗谷岬の灯台を二丈岩のものと誤認して遭難したとこ証言が残っています。当時は実際の乗客数、乗船目的等は一切明らかにされてなく、ソ連政府は船体の放棄ばかりか遺体の収容は不要などの連絡を日本政府に送るなど謎が多くのこされていました。冷戦終戦後の1991年に当時の公式文書が公開され、乗客はオホーツクの北岸に位置するマガタンの金鉱で強制労働をさせられていた、政治犯とその家族が大半であったとの事実が判明しています。
 1971年、日本・ソ連の多くの人々の善意に基づく浄財によって建立されました。(台座の石はロシア政府から寄贈されたシベリア産)  

●当時の写真
吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草
上記ページの記事ソ連船の救助2~4に当時の写真があります。

所在地 北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別214番地7
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 鬼志別バスターミナルからバスで10分
駐車場 道の駅さるふつに駐車可能


--> ●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

[タグ] 猿払村 石碑 事故
[ 2009/08/23 11:31 ] 宗谷支庁 猿払村 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。