スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松前藩と榎本軍の激戦地 - 稲倉石古戦場と碧血碑

 慶応3年(1867)大政奉還により徳川幕府の交戦派と薩摩長州を中心とした倒幕派との間で戊辰戦争が勃発する。当初、松前藩は佐幕派であったが、慶応4年(1868)7月に下国東七郎ら尊皇派が正議隊を結成してクーデターを起こし、一転倒幕派へと変わる事となる。

 クーデター後、東七郎により濁川、糠野川などに囲まれた丘陵部に館の築が計画される。新政府の箱館府に許可を得、明治元年(1868)9月に着工し、翌月の10月25日頃には簡素ながらも館として完成している。東北情勢が不安定な中での築であったため、空堀、板柵などの防備しか持たずにとして未完成ともいえる内容であった中で、榎本軍の上陸となる。

 鶉川上流部である稲倉石は断崖絶壁に囲まれた山道となっており、館の防御の為の前衛として要所であった。松前藩はここに木柵や砲座などを用意し関所として整備を実施する。そして、明治元年(1868)11月15日早朝には松岡四郎次郎率いる一連隊200人余りと稲倉石の守備兵100人あまりの間で戦闘が開始される事となる。当初は一進一退の攻防を繰り広げたが、松前藩の大砲の弾薬が切れるのを契機に劣勢となり、一連隊による正面と左右の山間部に分かれる、多方面攻撃に堪えられなくなった松前藩兵は館城へ後退する事となる。松前藩と榎本軍の間で行われた戦闘で一番の激戦はこれにより幕を閉じる事となった。

 大正8年8月、蠣崎知次郎らの有志によりこの地に碧血碑が建立され、戦没者を弔いとした。その後、鶉ダムの建設により水没地域になる為、昭和51年に碧血碑を現在の地に移設し現在に至る。国道227号のパーキングエリア内に設置されており、ダム湖を見下ろす景観地になっている。  



スポンサーサイト

武市安哉(自由民権運動家・クリスチャン)の墓

 土佐(高知県)出身の自由民権運動家でクリスチャンである武市 安哉は、坂本直寛と同じく浦臼町にある札的地に眠る。
安哉は、鳥羽・伏見の戦いに土佐藩士として参加、維新後は小学校教員や大区長などを転身し、明治9年に立志学舎に入り、自由民権運動に身を投じていく。明治12年には県会議員となり、明治14年に県会議長を務めるなど発言力を強めるが、明治20年の三大建白運動中に保安条例違反により片岡健吉、坂本直寛らと共に2年間投獄される事になる。その後、明治22年2月11日、保安条例が解除され、憲法発布の恩赦により多数の民権家と共に開放された。そして、明治25年2月に行われた選挙に立候補し、国会議員に選出される事になる。
 国会議員に選出された安哉は、明治25年10月に北海道へ視察をする機会を得ることになる。石狩の大地に立った安哉は、政界に蔓延っている腐敗により民意が反映されていない国政よりも、北の大地へ希望を見出す。安哉は、明治18年に片岡健吉、坂本直寛らと高知教会にてキリスト教へ入信している。この北の大地にキリスト教の理想郷設営を思い立ち、視察中に月形集治監用地189万坪(630ヘクタール)の払い下げを申請する。受理された後の明治26年4月には国会議員を辞任。辞任後の明治26年7月に前田駒次、土居勝郎ら27人と共に浦臼町札的に移民を実施し、聖園農園を開く。翌27年4月に二回目の移民を受け入れ、三回目の移民を募集する為に高知へ向かう船中にて急死してしまう。明治27年12月2日、享年48歳であった。


[ 2010/10/31 08:25 ] 空知支庁 浦臼町 | TB(0) | CM(0)

坂本直寛(龍馬の甥)・弥太郎の墓

 坂本直寛は龍馬の甥にあたる。本家5代目当主である。自由民権運動に身を投じ、立志社時代には憲法起草委員として「日本憲法見込案」の起草。高知県議員に当選し政治に深く関わっていた。同時に敬虔なクリスチャンでもあり、1885年に高知基督教会が設立された後、同教会にて洗礼を受けキリスト教徒となっている。
 1896年、片岡健吉らの勧めやロシアの南下の憂いもあり北海道開拓に乗り出す事になる。キリスト教系移民団である「北光社」を高知にて設立し、一族合わせて600名にて北見訓子府へ移民を実施する。
 その後、浦臼にて武市安哉が開いた聖園農場へ移住し、明治37年には旭川日本基督教会にて按手礼を受ける。その後は牧師として十勝監獄や旭川師団など囚人や軍人に対する伝道に尽力している。明治42年には札幌へ転居し、札幌北一条協会の牧師となり。明治44年、胃ガンで没している。
 坂本直寛は札幌の円山の麓にある円山地に葬られている。坂本直寛の石の並びには長女・直意(なおひろ)の婿養子である坂本弥太郎のもある。弥太郎は材木業を営むなど商才も豊かで、札幌にて議員を務めるなど政治への参加も行っていた。直寛と同じく敬虔なキリスト教徒でもある。


Highslide JS
坂本直寛の(郷士坂本家5代目当主)
Highslide JS
坂本直寛の石裏側
Highslide JS
Highslide JS
坂本一族の全景
Highslide JS
坂本弥太郎の墓(郷士坂本家6代目当主)
Highslide JS
坂本弥太郎の墓(郷士坂本家6代目当主)
Highslide JS

所在地 札幌市中央区南4条西28丁目
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 地下鉄東西線円山公園駅から徒歩10分
駐車場 無し
利用料金 無料


●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

坂本龍馬一族の墓

 幕末の志士として知らない人はいないであろう、坂本龍馬一族の北海道浦臼町にあります。坂本龍馬北海道開拓に夢を描いていた人物でもあります。龍馬は慶応3年(1867年)3月6日、長州藩士印藤肇宛の手紙に次の一文を書いています。
「小弟ハエゾに渡らんとせし頃より、新国を開き候ハ積年の思ひ一世の思ひ出に候間、何とぞ一人でなりともやり付申べくと存居候。」
上記の一文の通り、蝦夷地での殖民・開拓・貿易の実施に対する龍馬の熱意はとても高かったといわれています。しかし、手紙を出した9ヶ月後に池田屋にて暗殺されてしまいます。
 そんな龍馬の意思を継いだのが、龍馬の甥である坂本直寛です。1895年にキリスト系移民団である「北光社」を設立し、1897年に北見に移住。そして後、武市安哉らと共に浦臼の開拓に従事しています。明治31年の石狩川の大洪水では直寛が多くの被災者に救済の手を差し伸べました。1899年、龍馬の養子である坂本直の妻である、留と長男坂本直衛が浦臼に移住し留が没するまで駄菓子屋を経営し開拓に尽力したそうです。
 浦臼町にあるは留と直衛の物になります。


Highslide JS
Highslide JS


所在地 浦臼町札的
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 -
駐車場 有り


--> ●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。