スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松前藩と榎本軍の激戦地 - 稲倉石古戦場と碧血碑

 慶応3年(1867)大政奉還により徳川幕府の交戦派と薩摩長州を中心とした倒幕派との間で戊辰戦争が勃発する。当初、松前藩は佐幕派であったが、慶応4年(1868)7月に下国東七郎ら尊皇派が正議隊を結成してクーデターを起こし、一転倒幕派へと変わる事となる。

 クーデター後、東七郎により濁川、糠野川などに囲まれた丘陵部に館の築が計画される。新政府の箱館府に許可を得、明治元年(1868)9月に着工し、翌月の10月25日頃には簡素ながらも館として完成している。東北情勢が不安定な中での築であったため、空堀、板柵などの防備しか持たずにとして未完成ともいえる内容であった中で、榎本軍の上陸となる。

 鶉川上流部である稲倉石は断崖絶壁に囲まれた山道となっており、館の防御の為の前衛として要所であった。松前藩はここに木柵や砲座などを用意し関所として整備を実施する。そして、明治元年(1868)11月15日早朝には松岡四郎次郎率いる一連隊200人余りと稲倉石の守備兵100人あまりの間で戦闘が開始される事となる。当初は一進一退の攻防を繰り広げたが、松前藩の大砲の弾薬が切れるのを契機に劣勢となり、一連隊による正面と左右の山間部に分かれる、多方面攻撃に堪えられなくなった松前藩兵は館城へ後退する事となる。松前藩と榎本軍の間で行われた戦闘で一番の激戦はこれにより幕を閉じる事となった。

 大正8年8月、蠣崎知次郎らの有志によりこの地に碧血碑が建立され、戦没者を弔いとした。その後、鶉ダムの建設により水没地域になる為、昭和51年に碧血碑を現在の地に移設し現在に至る。国道227号のパーキングエリア内に設置されており、ダム湖を見下ろす景観地になっている。  



スポンサーサイト

仙台藩白老元陣屋跡地

 安政2年2月、ロシアの南下を懸念した幕府は蝦夷地上知を実施し、箱館奉行が管轄する政策を取りました。松前藩、箱館奉行のみでの蝦夷地全域を防備することはできない為、南部・津軽・仙台・秋田藩に防備させました。クリミア戦争終結に伴い、ロシアの南下が活発化し、安政元年に結ばれた日露通好条約にて「界を分たず是迄仕来の通」と不透明な扱いになっていた樺太にて石炭の採掘や駐留を開始し、既成事実を作りながら国境交渉を開始してきました。
 このような事態を踏まえ、北方の防備を強めたい幕府は蝦夷地を東北地方の6藩に領地として付与し、蝦夷地の開発と警備を行うように命じました(1860年 万延元年)。白老から択捉までの広域を任された仙台藩は、現地に三好監物を調査に送り、白老に陣屋を築く事を決めます。1856年の春には陣屋の建設が開始され、仙台にて組み上げた建物を再度解体して、白老に運び込み組みなおす方式で作業は進み、同年の秋には陣屋が完成したようです。本陣屋は面積約66,000㎡、堀と土塁に囲まれた内曲輪・外曲輪・本陣・勘定所・殻蔵・稽古場・長屋などが築かれ、常時120名の藩士が毎年交代で北方の防備に当たっていました。
 陣屋開設から12年後の慶応4年(1868年)7月12日、奥羽越列藩同盟に参加していた仙台藩は新政府軍に降伏。それを聞いた陣屋の藩士は陣屋を放棄し、各地で身を隠しつつ小樽より仙台へ帰国。翌年白老郡の支配を命ぜられた一関藩が陣屋を壊し、新たに役所等を建築し、現在に至ってます。
 現在は陣屋跡等が平地保存されており、土塁や水豪など状態良く保存されています。敷地内に当時の資料等300点余を収納展示する、仙台藩白老元陣屋資料館が設けられており、陣屋跡などの詳細を知ることができます。 


Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
外曲輪正面付近
Highslide JS
外曲輪正面付近
Highslide JS
外曲輪正面付近説明板
Highslide JS
内曲輪正門
Highslide JS
井戸跡
Highslide JS
建物跡
Highslide JS
三番長屋跡
Highslide JS
内曲輪外堀
Highslide JS
火薬庫跡
Highslide JS
火薬庫跡
Highslide JS
火薬庫跡
Highslide JS
塩竈神社
Highslide JS
塩竈神社
Highslide JS
仙台藩白老元陣屋資料館
Highslide JS
当時の見取図
Highslide JS
説明板
Highslide JS
内曲輪全景


所在地 胆振管内白老町陣屋町681
電話番号 0144-85-2666
休み 毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月5日)
時間 午前9時30分~午後4時30分
交通 白老駅からタクシーで5分。
白老ICから車で10分。
駐車場 200台
利用料金 一般300円 ※資料館利用の場合


●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

志苔館跡

 函館空港の程近く、薄っすらと下北半島が見える丘に土塁が築かれています。これは国指定史跡の志苔館です。
 志苔館は南北朝の動乱の際、1400年代に上野国出身の小林重弘が津軽より渡り築いたのが始まりといわれています。その頃の北海道は和人が余市や鵡川に集落を形成し、道南地方には安藤氏を初めとする諸豪族が12の館を築いており、志苔館はその一つに数えられています。
1456年、志海苔の集落で鍛冶屋とアイヌの少年の間でマキリの製作について口論となり、鍛冶屋が少年を殺害。これを契機として、コシャマインが蜂起。小林良景が守る志苔館を攻撃。秋になり一度は蜂起が収まりましたが、翌57年のコシャマインの際蜂起によって、300名程度の守備であった志苔館は陥落し、小林良景は箱館(函館山麓にあった河野氏の館。ウスケシと呼ばれていたが、箱型だった為このように呼ばれていた)に避難しています。その後、コシャマインの蜂起は鎮圧され小林氏は志苔館に戻ったが、1512年のショヤ・コウシの蜂起により陥落、そのまま廃館となりました。
 志苔館は四方、2~4メートル、幅が10~15メートルの土塁で囲まれ、外堀があり、4100平方メートルの広さがあり、発掘調査により14世紀末から15世紀にかけての7棟分の建物跡や青磁器・白磁器などが発見されています。


Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS
Highslide JS


所在地 北海道函館市志海苔町
電話番号 -
休み -
時間 -
交通 -
駐車場 無し


--> ●Googleマップ
より大きな地図で 北海道こんな所の地図 を表示

[タグ] 函館市 史跡
[ 2009/09/04 08:11 ] 渡島支庁 函館市 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。